ショップオーナーの気ままなひとりごと

ガラス熔解炉の熱線の交換

熱線をパイロマックスの1500度に耐える物に替えてもらいました。
カンタル線とパイロマックスの違いはカンタル線はアメリカ製で線自体に少しアルミナが混入しているそうです。
パイロマックスは日本製でアルミナコーティングされていてそれがカンタル線より割合が多いのだそうです。
使ってみないとどちらが切れにくいか分かりませんので釜屋さん推奨のパイロマックスでを使って見ます。
それと、熱線がボードから出ていますが、今までは柔らかい綿状の物で保護されていましたがこれを耐熱ボードに変えました。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. ティファニーランプトンボの生徒作品を紹介します。。
    木曜日の生徒さんの制作したTiffanyのとんぼが完成したので紹介します。
  2. ガラスを溶かして出来上がったさくひんです。
    先日のガラスを溶かして作るアクセサリー体験を紹介します。
  3. ステンドグラスやガラスナゲットで可愛いアクセサリーを作る体験
    今月9月17日(金)、18日(土) 19日(日)、20日(月) 21日(火)、24日(金)合...