ショップオーナーの気ままなひとりごと

ガラス熔解炉の熱線の交換

熱線をパイロマックスの1500度に耐える物に替えてもらいました。
カンタル線とパイロマックスの違いはカンタル線はアメリカ製で線自体に少しアルミナが混入しているそうです。
パイロマックスは日本製でアルミナコーティングされていてそれがカンタル線より割合が多いのだそうです。
使ってみないとどちらが切れにくいか分かりませんので釜屋さん推奨のパイロマックスでを使って見ます。
それと、熱線がボードから出ていますが、今までは柔らかい綿状の物で保護されていましたがこれを耐熱ボードに変えました。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. 2018.6.24

    画像の処理
    このショップオーナーの独り言ももう一年は続けていたのに画像を小さくするのはタブレットの画像処...
  2. 今日完成しました。ねこちゃんが色々なポーズで入っています。
  3. もう遅いのですが、只今モウスピードで三重県いなべの森林まで行って、そう、今回...